3/22/2010

Q. USのビジネススクールに合格しました!何を用意すればいいでしょうか? 

A. 頭を用意(準備)しましょう
ビジネススクールに合格すると、「~の参考書(日本語)を準備した方がいい」「~を買っていった方がいい」という怪しい(笑)情報が飛び交う。ええ、僕も踊らされて日本語の参考書については何冊か買いました。

が、結論から言うと、まったく要りません。というよりも、むしろもっていかない方がいい。
言うと当たり前なのだが、勉強するためにB-schoolに行くわけで、参考書、その他はすべて学校から配布されます。で、翻訳された本があった方がいいかというと、多くの場合そもそも読む時間がない。たとえばHBSでは明らかに容量オーバーな量の宿題が出され、それをいかに効率よく処理できるようになるかを求められる(これは、入学したときに、アドミッションから実際に言われた)。で、そんな状況で2倍の時間をかけて本を読む時間などまずありません。

また、英語の教科書というのは、非常によくできているものが多く、入学した当初は、「教科書ってこんなにわかりやすいものなのか」と感動しました。なので、学校からもらった英語の教科書をそのまま読み込むのが、勉強する上では一番の近道です。

さて、ここからが最も重要。多くの学校では、受かった瞬間に、けっこうな量の宿題(ファイナンス、アカウンティングの基礎など)が出されているはずです。これを、なぜか多くの学生はやりません(笑)。が、これが実は重要です。宿題は必要だから出されています。この宿題の内容をなぞる形で、ものすごいスピードで授業がスタートします。最初につまづかないためには、余計なものには目もくれず、出された宿題をきっちり理解しておくことを強く勧めます。

さて、参考書以外に必要なものは?何もないです。だって、アメリカですよ。日本で手に入るものはすべてアメリカで手に入ります。ああ、強いてあげれば、衣類は(サイズやデザインのテイストが少し日本と違うので)ぴったりフィットするものを持っていってもいいかも。あくまで強いてあげればですが。

1 件のコメント:

TakaImada さんのコメント...

追記:「洗濯ネットは買って持っていった方がよい、アメリカの洗濯機は破壊的なので」というアドバイスを友達にもらいました。盲点でした(笑)。