4/19/2010

MBA向けシリコンバレー就職術

先週、今年卒業されるMBAの方に、どうやってシリコンバレーで就職活動をするか、について話をした。前のエントリともかぶるが、以下簡単に。

「これをやったらうまくいく」という保証は残念ながらまったくできないが、「自分がもう一度就職活動するとしてもやはりこうする」というものです。


1. シリコンバレーに来る

前にも言ったが、ここではハイアリングは「今度Facebookでアプリ作りたいんだけど、いいエンジニア知らないかな?」「あ、最近会社起こした~君ができるんじゃないかな?」といった具合に、友達のネットワーク内で話が完結することが多い。そういうネットワークでみつからず、でもどうしても必要、という場合に外に告知を出す、というわけで、Web等にでてきている時点で情報は相当古くなっている。

MBAだと、「MBA向け」のリクルーティングが存在している。いわゆる学校での面接である。IT系の大手であれば、Top School専任のリクルーターというのが存在して、シーズンには学校を東から西へと行脚する。この手の面接に申し込むのは当たり前なのだが、これはいわばステップゼロで、これをやること自体はシリコンバレーに絞って就職したい場合ほとんど何もしていないに等しい。(もちろん、この手の面接で内定がもらえるなら万々歳で、できるならこれで一つは確保してくださいまし。)

シリコンバレーにはものすごい技術をもって、少人数で組織を回しているところがごろごろある。MBA的な感覚でいえば、こういうところに入って20代後半から30代にひと勝負するというのがおもしろい、ということになる。が、こういうところはわざわざTop Schoolに人を派遣するような時間もお金ももっていない。でも、彼らの多くもMBAは欲しいと思っている。こちらから出向けば、扉が開く可能性は十分にある。

これらの企業に対して、先ほど言った内輪でのハイアリングの機会をつかむためには、シリコンバレーに来て住む、ということがまずは重要。具体的には、MBAであれば、サマーインターンシップでくることができるのなら、絶対に1,2ヶ月はそれを使って来るべき。インターンシップはフルタイムよりは採用しやすいので、扉は開きやすい。夏直前に学校にくるスタートアップ系インターンの求人を利用したり、あるいは直接連絡して、インターンを申し込む。もしくは、大学の先生にBay AreaでOBがやっている会社を紹介してもらう、ということも、B-schoolであればできる。
すでに2年生でインターンシップを逃している場合は(経験上、図太くない人にはあまりお勧めはしないが(笑))卒業後にすぐこちらに越してきて、OPTを使って就職活動をする、という手もある。

授業期間中も就職活動できるという意味では、StanfordやBerkeleyはこの点若干有利になる。(でも、あくまで「若干」。決定要因には全くならないので、他の大学の皆さん、簡単にあきらめないように。)



2. 人に会いまくり、Partyにでまくる

来るだけでは、当たり前ですが何も動きません。当然のごとく、人に会いまくらねばならない。では、誰にどうやって会うか。Top Schoolであれば、Alumni Databaseが必ずあるはず。これを使って、かたっぱしから学校の先輩に会うこと。多くの学校では、Bay Areaに就職するOBOGが毎年大量に存在する。この方々があなたの頼みの綱になる。(この意味で、Bay Area以外のMBAであっても、チャンスは十二分にあるということになる。)その方に、ランチやコーヒータイムのひと時をいただき、アドバイスをもらう。頼めばあってくれる方々が驚くほどいらっしゃいます。また、あなたが外資系出身者でBay Areaにオフィスがあるなら、そのネットワークを使うのもアリ。

会うときは、電話でもいいが、先方がOkしてくださるなら直接あう方がいい。直接あった方が、あなたの人となりや、それまで何をやってきたかを伝えやすい。「今Bay Areaにいるので」と伝えれば、向こうも時間を割きやすくなる。

で、何を話すか。ちょっと相手の方の気持ちを考えればわかることではあるが、間違っても「仕事ください」みたいなことは言わないこと。忙しい時間を使って、何の面識もないあなたに、ただ後輩というだけで時間をくれているわけです。あなたのCredibilityはゼロなのに、そんなあなたに仕事をだすか、ということ。なので、話し方としては、「自分は~という仕事をやってきた、自分は~という理由でどうしても~関連の仕事をここでしたい。学校の先輩である○○さんから見て、私のようなキャリアの場合どういうことをすべきと思われるか、アドバイスをください。」といった感じ。

目の前でちゃんと話ができて、具体的なあなたのプロファイルがわかれば、(非常に)親切な方ならば、「キミのレジュメは~がよくない、~について詳しく書いてみなさい」であるとか、「僕の友達で、~をやっている人がいるから、彼のアドバイスもきいてみなさい」といったアドバイスをくれるかもしれない。いただいたアドバイスを真摯に受け止めて、自分の就職活動を修正した上で、さらに紹介していただいた方に会う、というのを繰り返していく。

あと、Partyにもでまくること。HarvardやStanfordだと、Networking partyが3ヶ月に一度くらいの割合で必ずある。学校のPartyや、友達経由でProfessional向けのPartyに出まくる。そういう場に出向いて、就職活動している自分の状況を率直に伝えると、そこから人を紹介してくださる先輩や友人が必ずいる。

こうして、とにかく人にあいまくり、アドバイスをもらい続けているうちに、自分のプロファイルにあった話にそのうち出会い、面接が始まる(Hopefully、ですが)ということになる。とにかく、いろいろな人に会いまくること。「Bay Areaにきたがうまくいかなかった」というのは、Alumni DBをチェックし切って、OBOGから紹介していただいた方すべてにお会いした後で初めて言えることで、ここまで到達するには実際に相当時間がかかる。


3. 注意点:自分がもっているものは率直にみせる。いただいた機会に感謝する。

これは僕の考え方だが、もっているもの、考えていることはできる限り率直に伝えた方が、Bay Areaではうまくいくことが多い。

遠い日本でかつて働いていて、最近MBA(Candidate)になったあなたは、ここの基準でいうと、最初の時点では「Potentialはあるかもしれない」その他大勢の一人です。Bay Areaでの経験値がない状況であなたが仕事をつかめるチャンスがあるとすれば、熱意によるところが大きい。忙しいスケジュールを割いて、極東の島国から来た若者に時間をくださった目の前の方に、貴重な機会をくださったことを感謝して、簡潔に自分のやってきたことと、将来に対する思いを伝え、アドバイスをいただいてみてください。

就職活動自体は、渦中にいるとちょっとたいへんだと感じるかも知れないが、終わってみると非常に楽しかった、ということになる。Bay Areaには、ここでしか会えないようなすごい方がたくさんいらっしゃいます。その人たちに時間をいただき、いろいろアドバイスをいただくことができるのは、MBAという学生の特権。ぜひ、エンジョイしてください。そして、もし運よくBay Areaでの就職が決まったら、自分が先輩にしていただいたことを自分の後輩にもしてあげてください。

0 件のコメント: