11/30/2010

僕らはもっと怒っていい

日本に帰ってきたときに驚いたのは、あれだけモバイルデバイスが好きといわれる日本人が、電車の中でKindleを出さないことだった。今ぱっと電車をみわたしても10人中4人が携帯を開き、3人がiPhoneをいじっているこの日本で、である。アメリカでは、今年に入って電子フォーマットの書籍の売上が紙媒体を抜いた。僕のアメリカ、ヨーロッパの友達はクリスマスプレゼントにKindleを買うといっているやつが結構いる。こんな世の中にあって、日本では、未だに日本語コンテンツをKindleでダウンロードできない。どの出版社もKindle用に本を売らないからだ。そりゃ、誰もKindle使わないよね、コンテンツがないとなれば。いくつかの出版社はかわりに独自フォーマットで電子書籍を試しにだしているらしい。

日本に帰って翌日に、Pocket Wifiを買いに行った。そこで、「skypeをよく使うので」とぽろっと店員に話をしたら、「あ、じゃあ選択肢は~と~しかないですね」という。え、なんで?聞いてみると、あらかじめ、いくつかの機種はPocket WifiをSkypeで使われないようにポートを閉じられているという。はぁ?

ものすごい頭にくるとともに、混乱させられた。そんなことが日本では許されるのか?ビジネススクールでよくあるケースに、恐竜化した大企業が、イノベーションの流れに乗れず、過去成功したプロダクトにしがみついて滅びていくというものがある。イノベーションが起こったとき、考えなければならないのは、「ユーザーにとって古いプロダクトと新しいプロダクト、どちらがよいか」だけだ。ユーザーにとって明らかにプラスになるイノベーションを取り込めない会社は、例外なく衰退する。まして、ユーザーのプラスになるプロダクトフィーチャーを制限するなんて、言語道断である。なんで、そんな企業のエゴが許されるんだ???

アメリカでは、App StoreでGoogle Voiceに関わるプロダクトが禁止されたときは、大ブーイングだった。企業が自分のエゴで人々の利便性を阻害することは、明らかに社会的な悪であるとみなす土壌がアメリカにはある。(そして、Appleはそれらの声に押されGoogle Voiceを先月受け入れた。)

翻って、日本に戻ると、まちがいなく大きなニーズがあるにも関わらず、企業のエゴで使えないプロダクト、サービスのなんと多いことか。Kindle向けに書籍を売らない、特定のPocket WifiでSkype通話はできない、「スマートフォン」と呼ばれているモバイルからSkypeを使って携帯電話に電話できない、etc, etc.. でも、だれも、そのことについて文句を言わない。

断言するが、上記であげたことは、どんなに閉ざされた国、日本であっても、いつかは開放される。便利なものを特定の企業の権益のために使えなくすることは、自由経済の世の中にあってはいつかは破綻をきたす。僕らは石器時代には戻れない。技術、サービスの向上は不可逆なのだ。

しかし、日本ではアメリカ人だったら怒り、すぐに是正される企業のあやまちが、是正されない。だれも声を上げない。ただ、恐竜の寿命を2年か3年延ばすために、人々はだまって恐竜のエゴを受けれ入れる。メディアも何も言わない。僕らはもっと怒っていい。

0 件のコメント: