2/02/2012

人の評価を気にするべきか

こんばんは。ちょっと作業の息抜きに一文かいてみます。

前々から書きたいと思っていたトピック。「人の評価を気にするべきか」。
結論から言うと、した方がよいのはよい。というより、人の評価はコントロールするくらいの気構えが必要。(実際にはめんどくさくてあまりやってないんですが(笑))。


こういうことを書くと、「え、おまえまったく気にしていないじゃないか」ということを間違いなく言われそうなのですが、考えなければならないことは3つあります。それでは順番に。



1. 人の評価と、自分の価値にはまったくつながりがない
そもそも、「自分の価値」とは何かということをまず考えなければいけない。ここでは「自尊心」「自分の生き方」と言い切っていい。ん、わかりにくい?例をあげよう:


上司:君、仕事のできが悪いね。
あなた:え、そうですか?
上司:君、この仕事向いてないんじゃないの?
あなた:ええええ?!

さて、ここで問題です。あなたは実は同業他社への転職を考えていて、二月ほど前からこっそり面接を受けていました。昨日、今のポジションより良いオファーをある会社からもらいました。その会社で上司となるべき人とも非常に馬があいそうです。あなたは、どうするべきでしょう?

あなた「上司の言っていることをまじめに受け止め、この業界で働くことをやめて、(オファーをもらっているところではなく)まったく違う職種に転職します。」

こんなことを言うやつがいたら、「おいおいおい?!」と思うはずだ。でも、実際には、同じようなことで悩んでいるひとが星の数ほどいる。「上司にこういうことを言われた」「友達にこう言われている」などなど。


僕に言わせれば、「おまえそもそもどうしたいんだ」ということだ。人が100人いたら、100人違うことをいう。100人のばらばらな話をいちいち真に受けてどうするんだ?いや、もし仮に100人全員が「お前は生きている価値がない」といったら、あなたはそれを受け入れるのか?

僕は小さいころから何かをしようとするたびに、「それは無理だろう」「おまえにはそれができるとは思わない」といわれることがままあった。それがチャレンジングなものであればあるほど。でも、一度結果を出してしまうと、みな黙ってしまうか、みな手のひらを返す。他人の評価とは、そういうものだ。所詮他人事であり、自分のことと同じほどには真剣に考えていない。

前にも書いたように、僕は人の能力の差など、動物としてみればほとんど誤差のようなものだと思っている。その誤差で何かを決めるなんてばかげてる。大事なのは、自分がやりたいかどうか、それにつきる。自分の価値は、自分が選んだ生き方で決まる、つまり自分で決めるものだ。

で、割にそれがよく態度にでるので、僕は「人のいうことをまったく気にしない」とよく言われていた(笑)。でも、本当に人の評価はまったく気にしなくてよいのか?



2. 人は、あてにならない第三者の話で、あなたを判断する

さて、問題です。あなたは会社のマネージャで、部下をとらなければならない。
あなたはある人を面接し、その人のことが非常に気に入った。ほぼ採用を決めて、彼が今在籍している会社の人に、彼のうわさをきいた。

すると、その人がいうには「彼は裏表が激しく、気の合う人には非常にサポーティブだが、合わない相手とは対立することが多く、それが原因で会社をやめようとしている」。

あなたはどうするだろうか?


けっこう多くの人が、ためらうはずだ。少なくとももう何人かに裏をとろうとするだろう。僕でもそうする。
しかし、こういううわさは、状況次第で簡単に立つ。上記のケースで言えば、日本のようにチームの「和」を重視する会社だとすると、そこから出て行こうとする人に厳しい表現をするケースもありうる。人の評価は必ずしもあてにならないし、その評価によってまた別の人も影響を受けやすい。それが人間というものだ。

ここで言いたいのは、その、まったくあてにならない話があなたの人生に時として影響をあたえようとするという事実だ。上の例がまさしく、あなた自身の価値とはしばしば連動しない人の評価が、あなたの人生に影響を与えようとしている。では、どうすればいいのか?


3. 人の評価はコントロールできる
2のたとえ話で、あなたは採用される側の人間だったとしよう。そして、面接を受ける半年前にもどったとする。さて、どうするだろうか?


僕ならば、上司、そして同僚との関係をよりよくする。上の話は逆もしかりで、仮にあなたと上司や同僚の関係がよかったならば、実力以上にあなたの話が伝わることもありえる。実態と連動しない評価ならば、逆によりよいものに塗り替えることだってできるはずだ。


「いや、上司は非常に思い込みが激しく、どんなに仲良くしようと思っても仲良くできないのです」

これは、あなたが思っている以上に大きな問題だ。ここでは、打つ手は3つほどある。
a. 上司と理解しあおうと努力し続ける。
b. 上司以外、さらにいうならば会社以外の人との付き合いを増やし、違う評価の出所をもつ。
c.上司を代える(他の部署に移動する、もしくは転職する。)あなたが「こうあるべき」と思う評価をくれる場所で、全力を尽くす。


状況をみながら、これらを柔軟に選択することが重要だ。1でいったように、他人の評価とあなたの価値には関連がない。でも、その人の評価は場合によってあなたの人生に影響を与える。能動的にこれをコントロールすべきだし、実際にコントロールできる。

多くの人が、aにこだわる。でも、これはあくまで打ち手のひとつでしかない。場合によってはより効果的なものに代えるべきだ。
bはいついかなるときもできるもので、おすすめのものだ。「今田さん、その自信はどこからくるんですか?」ということを言われることが昔からよくある(笑)。こういうことをいう人はたいてい、その場で正しいとされる(根拠のない)場の価値観にあわせていて、それにあわせていない人間は立場が弱い、と思い込んでいることが多い。そういう人間に対抗する方法が、多くのコミュニティに自分の居場所をもつ、というものだ。習い事、NGO、さまざまな場所で違う自分をもつことで、伝えたい自分の姿を伝えてくれる評価を見つけることができる。(それがあなた自身の自信にもつながる。)
最後の選択肢も、常に頭のすみにおいておくべき。会社がそうであるように、上司も選ぶものだ。障害になりうると思ったときは躊躇せず場所を変え、よりほしい評価をくれる上司をみつけるべきだ。いつも言うが、地球上に50億人もの人がいるのだ。目の前のたった一人に縛られる必要なんてまったくない。


評価とはまったく当てにならないものだからこそコントロールしていくべきだし、よい評価をくれる環境を能動的に作りながら全力を出していくことで、実際にあなた自身もかわっていく。そこが、人生の面白いところだと思う。